九州大学新キャンパス Kyushu University New Campus
新キャンパス計画キャンパスと周辺地域移転情報資料集
ホーム >>キャンパスと周辺地域 >>糸島紀行目次 >>No. 18元寇防塁
移転情報糸島紀行

No. 18 『元寇防塁』



 「元寇防塁」は文永の役(1274年)を機に、当時の鎌倉幕府の命により築かれました。写真は、毘沙門山の西約二キロメートル、今津地区内にある防塁跡です。この石築地は、玄武岩や花崗岩が積み上げられて造られており、奥行き・高さともに二~三メートル、海岸線に沿って約三キロメートルほど延びています。博多湾沿岸には他にも六箇所の防塁跡が確認・一部復元されており、今津地区のものと合わせれば当時の海岸線が偲ばれます。

文:新キャンパス計画推進室 森牧人 写真:施設部整備計画課 田中広幸



▲ページの先頭へ