九州大学新キャンパス Kyushu University New Campus
新キャンパス計画キャンパスと周辺地域移転情報資料集
ホーム >>キャンパスと周辺地域 >>フォトアーカイブス >>椎木講堂
移転情報フォトアーカイブス

椎木講堂



南西エントランス   西側見上げ   ホワイエ


ホール(間仕切設置時)   講義室   ガレリア


■椎木講堂


 椎木講堂はこれまでの伝統を基盤とし、これからの「九大百年」を担う伊都キャンパスの中心施設として、三洋信販(SMBCコンシューマーファイナンスに統合)創業者である椎木正和様のご寄付により建設された。直径約100mの大屋根の下に、約3000人収容可能なホール、半屋外空間のガレリア、管理棟にて構成されている。

■延べ床面積 12,969m2 ■建築面積 8,0139m2 ■規模 地上4階建
■構造 鉄筋コンクリート造、大屋根鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
■設計 株式会社 内藤廣建築設計事務所
■施工 株式会社 竹中工務店、株式会社 九電工、株式会社 サンケン・エンジニアリング、西部建設株式会社
■工期 平成24年10月24日~平成26年2月28日

▲ページの先頭へ