九州大学新キャンパス Kyushu University New Campus
新キャンパス計画キャンパスと周辺地域移転情報資料集
ホーム >>キャンパスと周辺地域 >>フォトアーカイブス >>生物多様性保全ゾーン(動物)
移転情報フォトアーカイブス

カスミサンショウウオ



カスミサンショウウオ1   カスミサンショウウオ2   カスミサンショウウオ3
     
カスミサンショウウオ4   卵嚢    

ニホンイシガメ



 
ニホンイシガメ1   ニホンイシガメ2    

ゲンジボタル



 
ゲンジボタル1   ゲンジボタル2    

ホッケミズムシ


 
 
ホッケミズムシ1        

メダカ

メダカ1

アカネズミ


 
 
アカネズミ1        

カヤネズミ



 
カヤネズミ1   カヤネズミ2    

アナグマ

アナグマ1

イノシシ

イノシシ1

キツネ

キツネ1

タヌキ

タヌキ1

テン

テン1

ノウサギ



 
ノウサギ1   ノウサギ2    

ハヤブサ

ハヤブサ1

ミゾゴイ

ミゾゴイ1


■保全緑地と生物多様性保全ゾーン

 伊都キャンパス内に建設する施設群と周辺地域の緩衝帯として、キャンパス周辺の緑地を保全し、周辺自然環境や集落環境との調和を図っています。これらの緑地の保全・活用を図ることに加え、開発によって失われる緑地の回復に努めています。また、用地内で確認されている老齢の常緑広葉樹二次林、ヒノキ人工林等の注目すべき植物群落を保全するとともに、周辺地域の貴重な水源の一つである「幸の神」の湧水の西側の沢地を「生物多様性保全ゾーン」として保全し、多様な生物種の保全と生態系の連続に配慮しました。生物多様性保全ゾーンでは、シャジクモ、ナンゴクデンジソウ、カスミサンショウウオ、ホッケミズムシ、ゲンジボタル等の貴重種をはじめとする野生動植物の保全を図っています。




▲ページの先頭へ