九州大学新キャンパス Kyushu University New Campus
新キャンパス計画キャンパスと周辺地域移転情報各種資料
ホーム >>新着情報
新着情報

最新の新着情報へ | <<前へ 後へ>>

【伊都キャンパス関連記念行事の講演会と学会が開催されます(11月2-3日、九州大学伊都キャンパス)】 2018/10/18

このたび、伊都キャンパス関連記念行事として下記のとおり開催しますのでご案内いたします。翌3日に公益社団法⼈⽇本左官会議講演会を開催しますので、併せてご案内させていただきます。

11月2日金曜14:00-17:00 アジア景観デザイン学会2018福岡大会
http://suisin.jimu.kyushu-u.ac.jp/events/pdf/181102.pdf
九州大学伊都キャンパスセンター2号館

11月3日土曜14:00-16:30 公益社団法⼈⽇本左官会議講演会
http://suisin.jimu.kyushu-u.ac.jp/events/pdf/181103.pdf
九州大学伊都キャンパス稲盛財団記念館

皆様のご来場をお待ちしております。

伊都キャンパス完成記念式典が開催されまた 2018/10/09

伊都キャンパス完成記念式典が開催されました。
関連行事などについては、websiteをご参照ください。

九州大学アカデミックフェスティバル2018が開催されました 2018/10/09


九州大学アカデミックフェスティバル2018(ホームカミングデー)が開催されました。
【日程】 平成30年9月29・30日
【場所】 九州大学 伊都キャンパス
開催内容については、websiteをご参照ください。

【情報交流シンポジウム 新キャンパスで実践されたデザイン ~マスタープランと実際、そしてその先へ~ が開催されます】 2018/08/31

日本建築学会キャンパス・地域再生ワーキンググループ主催 情報交流シンポジウム(第22回)が開催されます。


1998年に始まったこの情報交流シンポジウムは、キャンパス計画やまちづくりに関する実務者・研究者が情報交流をおこなう場であり、今回は22回目となる。東北大学や九州大学など、1990
年代に始まったキャンパス移転がほぼ完了しつつある。この機にマスタープランにおける当初計画と、出来上がったキャンパスの比較検証を、土地利用計画、ランドスケープデザイン、建物のデザインコントロール、交通計画の面からなど包括的に行い、マスタープランに基づく整備の成果・課題を検証する。そしてその先の論点として、大学・キャンパスが地域に与える影響・果たすべき役割、市民との連携の可能性といった観点から「まちのようにキャンパスをつくり、キャンパスのようにまちをつかう」ための議論の場としたい。

主催:(一社)日本建築学会 都市計画委員会 企画戦略小委員会 キャンパス・地域再生ワーキンググループ
協力: 東北大学 キャンパスデザイン室 サステイナブルキャンパス推進協議会(CAS-Net JAPAN)、一般社団法人
文教施設協会(RIEF) 公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)

2018年9月3日(月)

【第一部】 東北大学キャンパス見学会(片平→青葉山)10:45~受付 (1)(片平キャンパス
片平北門会館前ウッドデッキ)11:00~11:45(1)片平キャンパス見学(登録有形文化財を中心に。定員30名)11:45
~移動・昼食12:45 ~受付(2)(青葉山コモンズ 2F 大ホールホワイエ)13:00~13:45(2)青葉山新キャンパス見学

【第二部】シンポジウム14:00〜17:00(受付開始13:45~)
■会場:東北大学 青葉山新キャンパス青葉山コモンズ2階大ホール(地下鉄東西線青葉山駅南1出口から徒歩約5分)
■参加費:会員1,000円会員外1,500円学生500円(定員:80名)
■プログラム:
○開会挨拶・主旨説明:小篠隆生(北海道大学/キャンパス・地域再生ワーキンググループ主査)
○講演(仮題)
1. 東北大学の新キャンパスとまちづくり(事例報告)杉山丞(東北大学)
2.九州大学の新キャンパスとまちづくり(事例報告)坂井猛(九州大学)
3. キャンパスは都市側からどうみえるか - ランドスケープの視点 - 池邊このみ(千葉大学)
4. 大学・キャンパスとまちづくり- まちづくり NPOの視点 -豊嶋 純一(都市デザインワークス)
○講演者によるパネルディスカッション モデレーター:恒川和久(名古屋大学)
○まとめ:安森亮雄(宇都宮大学)○司会:池内祥見(大阪大学)

【第三部】 意見交換会18:00~、会費4500 円程度(学割あり)

【マスターアーキテキト委員会が開催されました】 2018/07/31

第11回マスターアーキテキト委員会が椎木講堂で開催されました。本委員会は、伊都へのキャンパス移転に対する九州大学の基本的考えとして策定された「マスタープラン2001」について、進捗を審議し、提言を行ってきました。
 移転前の最後の開催となった本委員会の内容については、追ってご報告いたします。

【UDCQ】第52回アーバンデザイン会議九大が開催されました 2018/07/05

平成30年6月29日(金)17:00から、九州大学伊都キャンパス・ビッグオレンジ(福岡市西区元岡744)において、第52回アーバンデザイン会議九大が開催されました。学生と地域がつながるイベントについて、地域、学生、そして大学など関連機関から参加者が集まり、熱い議論が繰り広げられました。
議論の内容については後日ご紹介いたします。

▲ページの先頭へ